薬膳レシピ

血虚体質

血液の滋潤・栄養作用が不足した状態をいいます。血虚は一般に言われる貧血よりも、広い意味の栄養不良ととらえられます。血虚体質

主な症状

  • □ 疲れやすい
  • □ 動悸
  • □ 目のかすみ
  • □ 目まい
  • □ 痩せ気味
  • □ 顔色、唇の色がよくない

解説

中国医学での血は人体の各臓腑・組織・器官を濡養して(栄養を与えて)おり、人体にとって必要不可欠な栄養物質であります。

この血が虚してしまう事を血虚と言います。血と深くかかわっている臓は、心、脾、肝です。又このほか生成に関わってくるのが、腎肺です。

内は五臓六腑から、外は皮肉筋骨までに栄養分を供給し滋潤しています。精神活動もつかさどっています。

虚してくると、 「顔色が悪い」「皮膚にツヤがない」「肌が乾燥して化粧が乗らない」「抜け毛が目立ってきたり」「頭がふらつく」「目がかすんで乾燥する」「爪の色が割れたり悪い」「便が出づらくコロコ口している」などの症状が現れます。

あるいは、動悸・不安感・不眠・夢が多い・物忘れ・疲れ目・手足のしびれ・筋肉のケイレン・女性は生理不順などがあります。

血虚体質にオススメのレシピ

先生のご紹介

村岡 奈弥(むらおか なや)料理研究家、国際中医師。 村岡 奈弥先生の写真
経歴
  • ・辻クッキングスクール退職後、フランスへ留学。
  • ・帰国後、カルチャースクールなどの講師、食品会社アドバイザーを務め、またチョコレートショップ「コンデトライ・クサカリ」(八王子)にて、チョコレート作りの修行をする。
  • ・料理教室「エミーズ」にてチーフコーディネーターを9年間勤める。
  • ・フランスの三ツ星レストラン「ミッシェル・ブラス」にて修行。
  • ・両親、医学博士、漢方医という境遇の中で、1995年、国立北京中医薬大学日本分校 食養・養生学科に入学。
  • ・1998年卒業し、「中医薬膳師」の資格を取得。
    その後、「国際中医師」の資格も取得。
  • ・2007年9月より 加藤 奈弥 から 村岡 奈弥 に変更し、
    現在、日本中医食養学会常任理事、国立北京中医薬大学日本校講師を勤める。

また料理教室を主宰し、新聞・雑誌などへの料理掲載、講演会、テレビ主演など。食品会社の新製品、ホテル、レストランなどのメニューの開発なども手がける。

著書
  • 「家族をいたわるスープブック」
    (講談社)
  • 「アンデスのスーパーフード キヌアレシピ」
    (成美堂出版)
  • 「乳がんの人のための日常レシピ」
    (株式会社ブックエンド)

(以下 加藤 奈弥 として出版の本)

  • 「いつもの野菜で薬膳する」
    (講談社)
  • 「おもてなし上手のシンプル四季ごはん」
    (中央公論社)
  • 「さびない漢方ごはん」
    (NHK出版)
  • 「からだの中からきれいをつくるパワーレシピ」
    (講談社)
  • 「乳がんの人のためのレシピ」
    (法研)
  • 「フルーツいっぱいのお菓子」
    (成美堂)
  • 「野菜の力で体の調子を整える」、
    「美肌のための野菜料理」
    (千趣会)

など。

血虚体質にオススメの季節別レシピ

ページトップへ