白井田七。勉強会 SHIRAI DENSHICHI study meeting

 和漢の森公式HPへ

白井田七。の生みの親 白井博隆氏から

白井田七。について学ぶ

2020年和漢の森主催、白井田七。勉強会を東京、名古屋、大阪、福岡で開催。 商品のこだわりポイント、質問コーナー、試飲会、効果的な飲み方などお伝えします。スタッフと白井さんで貴方様の町まで伺います。

参加無料

お悩み・疑問に、白井田七。生産者の白井博隆氏が直接回答致します。

第36回 白井田七勉強会 in 福岡

 白井田七勉強会IN福岡レポート

 

こんにちは、和漢の森コンシェルジュ 春山です。

2020年となり、記念すべき初の田七勉強会は和漢の森がある、福岡で1月18日に開催いたしました。

今回は、福岡で行われた「白井田七勉強会」のようすをレポートさせていただきます!

 

私は今回の勉強会が初参加となり、白井さんにお会いするのも2回目で、少し緊張をしていましたが、それよりもお客様と一緒に参加できることの方が楽しみで、ドキドキワクワクな気持ちで当日を迎えました。

 

勉強会当日はあいにくの雨でしたが、2組3名様のご参加をいただきました。

白井さんと健康のお話しが弾んでいたF様と仲睦まじいS様ご夫婦。

足元が悪い中、ご参加くださいましてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡勉強会のラインナップは

 

●田七人参について~栽培地、収穫まで~

●田七人参と高麗人参との違い

●白井氏への質問コーナー

●漢方調味料づくりのワークショップ

 

商品や田七人参の話だけではなく、ご参加いただいたお客様それぞれの体質に合わせて調味料をつくる漢方ワークショップも行いました。

 

勉強会のメインとなる、質問コーナーでは「田七人参」や「白井田七」について、白井さんとお客さまもお話が弾まれていて、たくさんの質問がありました。

気になる質問をいくつかご紹介します♪

 

 

 

「Q:白井氏が中国雲南省に行くきっかけ、田七人参との出会いは何だったのですか?」

 

【A】知人から、中国雲南省都市開発の話しを頂いたのがきっかけです。

10日ほどスケジュールを空けて現地に訪問したところ、すでに都市開発は着工されており建物や商店などがほぼ完成された状態でした。

中国に来て「都市開発の話しが出来ない、何もすることがない」と呆然としました。

 

その滞在中に、街中のホテルや店頭に並ぶ“田七人参”に興味を持ち、栽培地を訪問したところ“田七人参”の可能性を感じました。

もともと、実家は長野県でリンゴ農家をしていたので栽培には興味があり、漢方生薬の上薬として飲まれる“田七人参”を有機栽培し、より安心安全なものを提供していきたい!という思いから栽培をはじめました。

当時は現地に畑を切り開き、道を作り、電気を通し、栽培をスタート。

前途多難ありましたが、現地スタッフの協力もあり「白井田七」の原料を供給できるようになりました。

※白井さんが田七人参の栽培を始めた詳しいエピソードは、「白井田七」定期コース3回目のお客様プレゼントの本「白井田七ものがたり」でお読みいただけます。

 

 

白井さんのお話しを聞いて「白井田七」の商品化までの流れを再確認できました。

 

 

【種を植え、土壌の管理などを手作業で行い3年後に収穫】

             ↓

      【選別、洗浄、天日干し乾燥】

             ↓

    【乾燥した主根を栃木県JAS認証工場へ入荷】

             ↓

        【検品、加圧蒸気滅菌】 

             ↓

        【粉末、打錠、梱包】

             ↓

         【白井田七の完成】

 

 

色んな工程を踏まえて「白井田七」をお客様のもとにお届けしています。

 

お電話では、お客様から他社の田七人参との違いは?という質問をよく伺いますが、

「白井田七」は…

★種から栽培、収穫まで管理された有機栽培の田七人参

★※放射能滅菌ではなく、加圧蒸気滅菌で熟成田七人参

となります。

 

栽培の年数ではなく有機栽培をすることで、安心安全で品質保証された田七人参。

信頼していただける商品だと改めて実感しました。

 


 

 

 

「Q:白井田七の飲み方は、悩みによって変えた方がいいのですか?」

 

【A】まず基本は空腹時(食前)に飲むことがおススメです。

起き抜けに4粒飲むことから始めてみてください。

基本の飲み方で変化が見えにくい時には自分の体調などをみながら、朝・昼・晩の3回に分けて食前空腹時に飲んでみたり、就寝30分前に飲むのもおススメです。

個体差があるからこそ、自分のタイミングを見つけることで田七人参が巡ってサポートしてくれます。

 

 

 

基本の飲み方から、自分に合った飲み方を試すことで、効果的に田七人参を取り入れることが

大事だと感じました。


 

 

「Q:白井田七人と飲み合わせで相性がいいものはありますか?」

 

 

【A】基本的にこれと飲み合わせがいい!とは断定をしていません。

まず大事なのは、田七人参を効果的に摂取できるような身体づくりです。

基本となる、睡眠、運動、旬の食材を使った食事などを心掛けることが大切です。

飲み始めは不摂生が理由の方も多くいます。

飲み始めるときに、生活リズムなどを一緒に見直すことで変化がより見えやすくなります。

「健康は1日にしてならず」、田七人参は身体づくりのサポートになるので主となる身体づくりは切っても切れません。

 

 

 

白井さんの話しを聞いて、日々の生活リズムを見直すきかっけになりました。

便利な世の中になればなるほど、健康への意識は忘れてはいけないなと気づかされました。

 

 


 

白井さんの雑談や裏話を交えながら、お客様とお話しをしていたら勉強会の時間があっという間に過ぎてしまいました。

今回初めて参加させていただきましたが、白井さんや 実際にお飲み頂いているお客様と触れ合う機会は中々ないので、とても貴重な体験になりました。

学んだことをお客様にお伝えしながら、たくさんのお客様に“白井田七”を

安心安全の信頼できる商品としてご利用頂けるように今後もサポートして参ります。

次回の勉強会もお楽しみにお待ちください !

 

 

「白井田七勉強会」へのお問い合わせは、和漢の森までお気軽にご連絡ください ♪

TEL:0120-206-401  (平日 10:00~17:00 土日・祝日休み)

Mail:info@wakan.shop

勉強会の様子はコチラ

ページトップへ